ドラムのVST SSD5 (Steven Slate Drums 5) の無料版をインストールし音を出し、MIDIパターン集を追加するまでの記事です。

ファイルサイズ2GBでベロシティーレイヤー・ラウンドロビン・マルチマイクで ほどよい奥行きを感じさせてくれます。

ストリーミングによる使用メモリの節約モード(最小約360MB・本体込み)や低解像度モードもあるので低スペックPCでも動作。

Freeで使えるのは『Deluxe 2 Free Edition』というライブラリで、キック(22inch)とスネアは Pearlパール 、タム(10・12・14・16inch)は LUDWIGラディック 、クラッシュシンバル(18・19inch)は Zildjianジルジャン 、ハイハット(14inch)ライド(21inch)とチャイナシンバル(19inch)は SABIANセイビアン 、という構成でした。(← ファイル名からの推測です。)タムが四つもあるなんてフリーなのに気前がいいな~と思ったり。

ポータブル動作はさすがに無理でインストール必須ですが、アクチベーションが不要なのも好印象です。

ダウンロードの手順

こちらで簡単なユーザー登録することから始めます。→ STEVEN SLATE DRUMS(https://ssd5-free.dl.drumclassroom.net/)

(今回は見なくてもいいですが、正面玄関はこちら → Steven Slate Drums 公式サイト )

メールアドレスと名と姓を書き込みSENDをクリックします。 ↓

メアドと名と姓を入力します。
メアドと名と姓を入力します。

入力フォームの送信が終わると SSD5 のダウンロードが可能なページへ自動的にリダイレクト移動させられます。メールも届くのですが見なくても大丈夫でした。

※ ダウンロードページのURLを他人に教えてもまた登録画面に飛ばされるので、そういうズルはできないようです。
※ 翌日にダウンロードページを見ようとしたらセッションが切れたらしくふたたび登録画面に飛ばされました。

片っ端からダウンロードします。 ↓ (WinとかMacとか書いてあるファイルはPCに合っている物のみでOK。)

SSD5(Steaven Slate Drums 5)のダウンロードページ
SSD5(Steaven Slate Drums 5)のダウンロードページ

ダウンロードしたファイル一覧。↓

SSD5のインストールのためにダウンロードしたファイル。
SSD5のインストールのためにダウンロードしたファイル。

インストール完了後に削除しても大丈夫です。
ディスクに余裕があれば念のために取っておいたほうが好ましいと思いますが。

インストール

本体 → 音源管理 → 音源のインストール の三段階で進みます。

ソフトウェア本体をインストール

ダウンロードした SSD5_Free_Sampler_r108_Win.exe をクリックしてインストールを開始します。

念のために手順をキャプチャしておきましたがハイハイとクリックするだけで終わるので見なくてもOK。↓

音源マネージャーソフトをインストール

さて、SSD5本体のインストールは済みましたが、まだ中身の音源を入れておらず使えないので Steven_Slate_Drums_IM_r109_Win.exe をダブルクリックして起動します。

言葉にするとややこしいのですが、音源をインストールするための管理ソフトのインストールの開始です。

使用許諾。もちろん同意する。
使用許諾。もちろん同意します。
利用者の範囲を選択。お好みで。
利用者の範囲を選択。お好みで。
実行のチェックが入ったそのままで、完了をクリック。
実行のチェックが入ったそのままで、完了をクリック。

※ ここでうっかりチェックを外して完了してしまっても、スタートメニューの中に Steven Slate Drums IM というショートカットが作成されているので、クリックすれば作業を続行できます。IM はたぶん Installインストール Manager マネージャー の略でしょうね。

音源をインストール

Steven Slate Drums IM を使用して、ダウンロード済みの音源をインストールして本体のリストに出るようにします。

INSTALLインストール というよりは画面のガイドに従って音の場所を指定して設定をするだけのことです。

「Steven Slate Drums 5 Full Library」のInstallボタンをクリック。
「Steven Slate Drums 5 Full Library」のInstallボタンをクリック。 ↑
変更の許可を与える。
変更の許可を与える。 ↑
ライセンスに同意します。
ライセンスに同意します。↑
ダウンロードしておいた「SSD5LibFree01.slatepack」と「SSD5LibFree02.slatepack」が入ったフォルダを選びます。
ダウンロードしておいた「SSD5LibFree01.slatepack」と「SSD5LibFree02.slatepack」が入ったフォルダを選びます。
ライブラリを置くフォルダを選択指定します。空きスペースが2GB必要です。
ライブラリを置くフォルダを選択指定します。空きスペースが2GB必要です。

↑ ここで指定したフォルダの場所は、後でSSD5の音色読み込みの設定に使いますので覚えておきましょう。

クリックでライブラリのインストール開始。
クリックでライブラリのインストール開始。のんびり待ちます。
インストール終了。
インストール終了。

音源パック(.slatepack)が SSD5Library フォルダにコピーされました。この時点で SSD5LibFree01.slatepack と SSD5LibFree02.slatepack は用済みになります。 が、私は念のためにそのまま取っておいてます。よくPCを替えるので。

初回起動時の設定を済ませる

お手持ちのDAWを起動して、いよいよSSD5のVSTを読み込んで起動。

初めて起動したときには何も鳴りません。

ここで私も「ん?インストールしたのにまだ使えないの?」っとなったので念入りに解説。(正直言って一つしかないのだから自動的に読み込んで鳴らしていただきたかった…)

SettingsSelect Base Dir で先ほどインストールしたライブラリ SSD5Library という名前のフォルダの場所を指定してあげます。 ↓

SSD5の画面で Settings→ Select Base Dir をクリックして出たフォルダ選択ウインドウで「 SSD5Library 」を指定。
SSD5の画面で Settings→ Select Base Dir をクリックして出たフォルダ選択ウインドウで SSD5Library フォルダーを指定。↑
「Construct Kit」 → 「Instruments」 を開き 「Deluxe 2 Free Edition」 をダブルクリックすると音源ファイルが読み込まれます。
「Construct Kit」 → 「Instruments」 を開き 「Deluxe 2 Free Edition」 をダブルクリックすると音源ファイルが読み込まれます。 ↑

※ 上図では「Settings」タブで「Use Kit View」にチェックしてあるのでドラムキットの絵が写ってますが、デフォルトでは下図のような一覧方式になっています。選択変更可。

「 Use Cells View 」にしたときの Construct-Kit の図

「Settings」タブで「 Use Cells View 」にしたときの Construct-Kit の図 ↑

メモリの消費量を下げたい場合

メモリの使用量は音質とバーターで Settings → Drumkit Details で調整可能。
Settings → Drumkit Detail で調整可能。

デフォルトの設定では本体+音色で2.2GBのメモリ消費でしたが、Low を選択すると600MBにまで減らせました。↑

※ 画面の左下には429MBと出ていますが、VST本体の消費は加算されていない数字と見受けられます。

 

最高音質かつ最小メモリの設定にしている図。 ↑

さらに、Disk Streaming のBuffer size を Minimal にすると 約370MBまで減らせました。ラウンドロビンとかを犠牲にした最小値ですが。(苦笑)

Drumkit Detail の設定が最高音質の Full で、なおかつ Disk Streaming の設定が Minimal だと 約420MB でしたので、削減効果はストリーミングの方が遥かに高いようですね。

以上のことから、メモリが少ないPCでがんばりたい場合は、音が途切れたりしない限りDetail=Full + Streaming=Minimal~Normalあたりを試すと高音質を保ちつつメモリを節約できる可能性があります。

プリセットのリズムパターンを鳴らしてみる

自分で打ち込まなくともどこかの誰かが打ち込んでくれた演奏を鳴らせる機能です。
正体は MIDI(ミディ) ファイルなので、改造したり自作して追加するなど色々と応用が利きます。

プリセットのリズムパターンを鳴らす。
プリセットのリズムパターンを鳴らします。

クレバーな検索機能や編集機能は無いので、シンプルに鳴らして確認するだけという感じですが、外部ソフトへのドラッグ&ドロップも可能でした。
MIDIエディタだけでなくファイラーにも 『(タイトル).mid 』としてコピーできました。ですが、ファイラーからSSD5側へのD&Dはできませんでした。MIDIファイルマネージャーとして使うのはちょっと厳しそうです。残念。

気を付けたいのは最初から搭載されているMIDIファイルはCh1になっているということです。
そのまま外部のメディアプレーヤーで再生するとピアノ音色で鳴ってしまうので、MIDI チャンネル10への変更が必要な場合もあると思われます。
MIDIに慣れていないと気が付かないでハマるかもしれませんので念のため。

ちなみに『MT PowerDrumKit2』で同じことをやると、どれを選んでも mtpdk.mid というファイル名で作成されてしまい見分けができず若干面倒なのでそれよりは良い挙動ですね。

MIDIドラムパターン集を追加してみる

フォルダーを観察するとルールがあるようで、それにならうとパターンは自分で追加することができました。

DAWで自分で作ったMIDIを登録することもできるのですが、とりあえず肩慣らしということで、Groove Monkee で無償配布されているMIDIドラムパターン集の中にSSD4用のものがあるのでそれを使ってみましょう。(SSD5にも流用できました。)

https://groovemonkee.com/blogs/blog/free-midi-loops-for-steven-slate-drums

https://groovemonkee.com/blogs/blog/free-midi-loops-for-steven-slate-drums

🔗 Free MIDI loops for Steven Slate Drums

上記のリンク先で『Download Free MIDI Loops for SSD4』と書いてある所をクリックしてダウンロードします。

解凍して「Groove Monkee Freebie.lib」となっているフォルダーを \(任意のディレクトリ)\SSD5Library\Grooves\ へコピーしてVSTを再読み込みすると使えるようになります。

Folder configuration.Free MIDI loops for Steven Slate Drums

Folder configuration.Free MIDI loops for Steven Slate Drums

MIDIを読み込ませるために、~\SSD5Library\Grooves\ライブラリ名.lib\カテゴリー名.sng\グルーブのパーツ名.prt\MIDIファイル名.mid というフォルダ名にルールを設けて、拡張子のような識別子をつけることで仕分けしているようです。

※注意事項: 全角文字を使うと文字化けして、次の深い階層のディレクトリを読み込んでくれなくなりますので、ネーミングは半角文字にしましょう。
半角スペースは使っても大丈夫でした。

なお、SSD5を再読み込みしないと、新しく追加したMIDIがメニューに反映されなかったので留意。

雑感

マルチマイクなので音作りの幅が広くて良いですね。
セットの音色は良い意味でふつーでまとまりがいい感じ。
個性的()な音源を用意されても出番が限られるので、この地味な選択はうれしい。